エイプリルフール

magazine

エイプリルフール

 

4月1日。

前回まだ春ではない!と書いたけれど
もう春な気がする。
春の始まりはいつだって曖昧。
夏の終わりは絶対に8/31。
今日から春。スプリング。

4月1日。

「エイプリルフールだから嘘をつきたい!」
みたいな気持ちに僕はならないのだけれど

「エイプリルフールだから嘘をつこう!」
みたいな人を見るのは嫌いではない。

イベント事(クリスマスやバレンタインとか)に
浮かれているとそれを揶揄する風潮が
あるし気持ちはわからないでもないけど

みんなが同じ何かを共有して
心動いているのは単純にウキウキする。
時として感動したりする。

「嘘」ってネガティヴな印象だけど
たまには良いんじゃないだろうか。

「傷付かず/騙されず」に生きるなんて
つまらないんじゃないかと思う。
傷ついた方が残る何かもある。
個人的な意見です。

4月1日。

BASS ON TOPが出してるマンスリー
「BOTマガジン」4月号の表紙に
僕たちのレコ発
「ずっとGOING UNDER GROUNDになりたかった」
を取り上げてもらいました。

たくさんバンドや素晴らしいイベントがある中で
感謝しかないです。
ほんとにありがとうございます。

このBOTマガジンで僕が毎月書いてるコラム
「シーラカンスの憂鬱」も
今月は拡大版掲載。

4/16についてや
GOING UNDER GROUNDについて
書いています。
こちらも是非チェックしてみてください。
(僕は三冊は貰おうと思う)

4月1日。

最近4/16イベントのポスターを作りました。
最初は作るつもりなかったんだけど
作って良かった。

お世話になっているライブハウスや
スタジオに貼ってもらっているので
みんなも見つけてくれたら嬉しい。

僕自身がなかなか都合つかず
りょちゃんとナルミがたくさん
動いてくれている。

こちらも感謝しかない。
良いメンバーを持った。
これは多分誰にも負けない
僕の自慢です。

4月1日。

CDを出してGOING UNDER GROUNDとの
2マンを決めてから心が忙しい。

・CDを待ってくれてる人がいる。
・僕よりGOING UNDER GROUNDとの対バンを喜んでくれる人がいる。
・全く興味ない人がいる。
・soratobiwoの事なんか知らない人がいる。

新しいステップを踏み出すと
やはり不安やストレスは付きもので

力の無さ、時には年齢や仕事や環境を
言い訳にしてしまいそうな自分がいる。
全くもって腹立たしい。

そんな時に
「それでも前に!」
みたいな気持ちにさせてくれる
仲間や先輩や後輩。
応援してくれるみんなやメンバーがいて
なんだか泣けてくる。

冷たくなったり熱くなったり
心は忙しい。

人間は皆孤独だし
バンドだって極論一人一人だと思う。

でもなんだかそうじゃないのかも
みたいな夜もあって。

時として僕は
無敵のように思えたり

誰にも勝てやしない
なんて思ったりする。

終わりの事なんか考えて生きていたくないけど
ひとまず4/16が終わったら
みんなで乾杯したい。

一言で言うなら情緒不安です。
しっかりしろ自分。

4月1日。

ラーメンか焼肉が食べたい。
最近は夜にご飯を食べないようにしてます。

年齢もそうだけど
スマートな体型を手に入れたい。

敵は欲望の化身、森本。
奴に勝ちたい。

自戒。

4月1日。

Tシャツに薄手のコートを羽織って
お花見にでもいけたら良いな。

桜は咲いているのかな。
この雨は止むのかな。

whitten by - 森本真伍

We aresoratobiwo

MEMBER

「 ソラトビヲを知る 」

We playsoratobiwo

SONGS

「 ソラトビヲを聴く 」

We transmitsoratobiwo

FOLLOW US

「 ソラトビヲをフォローする 」

We talksoratobiwo

CONTACT

「ソラトビヲに
'ライブ予約・ライブオファー・メッセージ'
を送る」

お名前/メールアドレス/ご用件が
必須項目になっています。